バジリスク絆2導入初日対策委員会

この絆2、最終的にヒットするかコケるかはともかく、導入台数的にも5号機での実績的にも直近では一番のビッグタイトルなので、それなりの優良店なら導入初日からベタピンもしくはそれに近い設定配分で回収はしてこないのではないか?

つまり初日から高設定にありつける可能性は、他の新台の導入初日などよりも高そう。

というわけで、すろ山田も導入初日から絆2を打ちに行くつもりですが、ただ打つだけではなくあくまでも高設定を狙って勝ちに行く、という考えに基づいての心構えなど綴っていくというのが今回のお話です。

店選び

導入日は2月17日。

なので7の付く日が特定日の店(もしくは取材などがある店)に行く、という選択肢をまず最初に思い付きます。

ただそういう店には当然人も多く集まるので、絆2に座れる確率は低くなります。

もちろん絆2に座れなくても他の台で高設定にありつけたり、もしくは絆2に多くの人が向かうことで、それ以外の狙い台を確保しやすくなるなどの利点もあります。

しかし今回は打ったことをブログのネタにできるので、すろ山田は絆2狙い一本でいきます。

なので7のつく日が特定日の店は避ける予定です。

では何を基準に店選びをするか、という話ですが。

まず重視すべきは新台に高設定を使う店なのかどうか、です。

これは店によってかなり傾向が違う、というのがすろ山田の印象で、導入初日に設定6を使う店もあれば、どんな注目タイトルでもある程度時間が経つまで殆ど高設定を使わない店もあります。

7の付く日がどうとかより、こっちを重視して店を選んだ方がいいかもしれません。

直近で言えば青鬼の導入初日がどうだったか。青鬼に6を使って絆2に6を使わないなんてことは、よほど捻くれた店でもなければないと思います。

ただまあ青鬼に高設定を使っている店なんて稀でしょうから、北斗やまどマギの時はどうだったかを基準に考える方が普通でしょうね。

他に重視すべき要素として考えられそうなのは、5号機の絆にどれほど力を入れていたかですが、これは基本どの店にも当てはまりそうだから、あんまり気にしなくても良さそうですか。

設定判別

と言っても2月16日現在で判明しているのは、弦之介BCの撃破人数と小役の確率の一部だけですが。

ただ設定6はBT初当たり確率が1/235と突出して高いので(設定5と4は約1/370)、BT非当選のまま有利区間終了することは殆どなさそう。

逆に設定1のBT初当たり確率は設定1が約1/525、設定2が約1/453なので打っている最中の感覚だけでも設定の上下くらいはなんとなく分かりそう。

あと実践データを見る限り、設定6は246人撃破が結構出るようですね。

問題は設定5を掴んだ場合にどこでそれを判断したらいいのかですが、現状判明している解析を見る限り、少なくとも設定4や6よりは一回のBTでの獲得期待枚数は多いようです。

それはつまり良いシナリオが選ばれやすいのか、絆高確にいきやすいのか、設定5を見極めるのは案外難しいかもしれません。

高設定に座れなかった場合

無事高設定に座れたのなら、時間の許す限り打ち続けるだけなので話は簡単です。

しかし実際は高設定に座れなかった。打っている台の挙動が明らかに悪いなんてことも起こり得るわけです。

しかも解析が出揃ってない台の場合は明確な判断基準がないので、自分の感覚を頼りに押し引きを判断し、決断しなければなりません。

絆2の導入初日ともなれば恐らく満席でしょうし、空き台待ちで立ち見客がいる状況なども十分考えられます。

そんな状況になると止めづらくなりますが、そういう場合は店内を456周してでも冷静になることをオススメします。

導入初日とか空き台待ちしている客がいるとかは一旦抜きに考えて、

今打っている台が空き台になっていたとしたら、その台を確保して打ちますか?

絆2の低設定なら少し時間が経てばいつでも好きな時に打つことが出来ます。

これは1000人並んだ抽選で良番を引いた時なんかにも同じことが言えますね。

すろ山田は確保した台の挙動が悪かった場合は、島の中で一番最初に止める心構えで当日に挑むつもりです。

まあ、言うは易し行うは難し、なんですけどね。

管理人運営サイト